■ 5月9日・10日

 まずは田起しからです。
 すっかりミツバチたちに蜜を取られた蓮華草をトラクターで
 きれいに耕しました。
 一度ではきれいに耕せず、次の日もう一度耕しました。
 均等にでこぼこがないように耕すのは一苦労。
 なんとかきれいに耕せました。


■ 5月25日

 次は種まきです。
 4,5日前からもみを水に湿らせておきました。
 土を敷きその上にもみを蒔いていきます。
 これも均等に重ならないように慎重に蒔きます。
 そして水をたっぷり掛け、またその上に土を被せます。
 今年は白米(オレンジの箱)31箱、もち米(グレーの箱)12箱。
 白米ともち米のもみはこんなにも色が違うんですね。(驚き)
 ちなみに白米は暖かいこの地方でおいしく品種改良された
 ”ヒノヒカリ”という種類です。
 種を蒔いた箱はミニハウスを作ってその中で暖かくして
 芽が出るのを待ちます。
 大体、3日くらいで芽が出始めます。




■ 6月1日

 種を蒔いてから1週間。
 稲はすくすくと育っています。
 ちなみに白米ともち米は育ちがこんなに(左写真)違います。
 最初はビニールを掛けっぱなしで中を高温・多湿の状態に
 しておきました。これからは太陽の日差しをたっぷり浴びて
 元気良く育てます。また毎日欠かさずたっぷりと水を掛けて
 手入れをしました。


■ 6月8日

 さていよいよ田んぼに水を入れて田植えの準備です。
 前の日に水を入れ始めて今日はすっかり水に浸かった田んぼを
 トラクターできれいに整えていきます。凸凹があると田植え機で
 きれいに植えることができません。だからと言って凸凹が無いように
 混ぜていくのはなかなか難しいです。端はどうしても土が盛り上がって
 しまい結局私の父が調整しました。さすがこの道のベテラン!
 きれいに整いました。


■ 6月9日

 今日はついに田植えの日です。
 我が家は4列いっぺんに植えられる田植え機を使っています。
 隣の田んぼも今日田植えをしましたが、あちらは6列のしかも乗用式。
 こっちが先に始めたのに向こうは私たちより先に終わってしまいました。
 (気のせいか父はちょっと悔しかったのか、ペースが少し落ちていた)
 何はともあれ今日半日で無事終わったと言いたいのだが・・・
 実は昨日、田んぼを混ぜて今日植えたので土がしっかりと沈んでおらず
 (土がやわらかい状態)稲が所々倒れてしまいました。
 土が落ち着いて稲が少ししっかりと根を張ってきたら(大体1週間後 )
 手で間植えをしなければならない。今年はちょっと失敗でした。
 来年こそはしっかりと1日以上間をあけてから植えようと反省した。
 それにしても悔しい〜!でも昔の人は全部手で植えてたんだもんな〜
 すごいね。




■ 9月中旬

 長らくご無沙汰してましたが稲の方はすくすくと育っています。
 この時期になると稲に穂がついてきます。
 本当は稲も花を咲かせるのですが花が咲く時間は2時間ほどしかなく
 実際に私も見たことがありません。どうも白い花のようなのですが・・・
 それはともかくとしてその後に写真のように実が入ってきて頭を垂れます。
 あとは台風が来ないように祈りつつ元気に育つのを見守るのみです。

■ 10月6日・7日

 さぁいよいよ収穫の秋 !!
 稲もすくすくと無事育ち、稲刈りの時が来ました。
 この年は台風の被害もなくいつもにも増していい実りとなりました。

 まずはバインダー(稲刈り機)で周りから徐々に刈っていきます。
 田植えのときは中を植えていって最後に周りを植えました。
 今度は逆に刈っていくのです。ただ適当に植えたんじゃぁあーりません。
 少しでもたくさんの米を収穫するために順序よく植えてあるのです。
 それからもうひとつ。それはもち米と白米をしっかり分けて植えました。
 刈る時は稲がどっちか分かるようにきっちり分けて置きます。

 2日目は山から事前に切り出しておいた竹を組み、刈った稲を干し
 ます。この日はじいちゃんとばあちゃん、近所の内田さんが手伝って
 くださって思いのほか早く終わりました。最近では稲刈りと脱穀を
 いっしょにやっているところもありますがやはりこうして干しておいた方
 がおいしいようです。(父談)
 あとは天気がよければ15日前後で脱穀です。
 新米が食べれるのも後少し !!



■ 10月26日

 あれ(稲刈り)から20日あまりが過ぎました。
 晴れれば10日ぐらいでなんて言ってたら雨が続いて結局倍の日数が
 過ぎてしまいました。

 実は今日もちょっと曇り気味。しかし明日からは天気がまた崩れそう
 なので今日決行です。今日は家族3人とじいちゃん・ばあちゃんの5人。
 昔に比べたら田んぼの広さが違うので(縮小した)これで十分です。

 今回の機械はハーベスタ-と言って稲をスライドして機械の中を通すと
 わらから実だけを取る機械。しかしこれがまた古い機械で写真のように
 機械の前からほこりなどが飛ぶんだけどその中に実が混じって出てきて
 しまう代物。もったいないけど新しく機械を買うよりマシかな?
 そんなこんなで手分け作業して1日で終了。
 ちなみにわらは知人が牛の餌にするということで取りに来てました。

 終わってみると今年は昨年より10袋近く多く採れました。
 これで後は精米して炊くだけ。楽しみ〜!



  TOPPAGE  


©2002 hanaton.com All rights reserved.